幸せな暮らしをご提案 GALAXYSIV レビュー・評価サイト 忍者ブログ

[PR]

2018年06月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GALAXY S5(SC-04F,SCL23)用格安交換バッテリー 3000mAh予備電池+充電器

2014年06月28日
GALAXY S5 (docomo SC-04Fおよびau SCL23)は国内で販売されるGALAXYシリーズで初めて防水機能に対応しました。防水仕様のギャラクシーを待ちわびていた人も多いと思いますが、このGALAXYS5には他の防水スマホとは異なった点があります。

それは、国内メーカーの発売するほとんどの防水スマートフォンはバッテリー交換がユーザー自身では行えず、交換には高い修理費用と預け修理対応が必要となってしまうのに対し、GALAXY S5はユーザーでのバッテリー取り外しが可能になっています。

バッテリーが取り外せるということは、予備バッテリーが使えるということ。そして純正のバッテリーを使うのも良いですが、GALAXYシリーズのように世界的に多く販売されるモデルでは「格安バッテリー」も出回り、安価に予備用の電池を手に入れることも出来ます。

早速通販ではGALAXY S5に使えるバッテリーが登場して人気を集めています。

GALAXY S5はドコモとauから発売されていますが、バッテリー関連の仕様は全く同じのため、同じバッテリーが使えます。

上記のバッテリーセットではバッテリー本体だけでも充電が可能となる充電器付きです。充電状態もランプで確認できるため、常にスマホのバッテリー切れを起こさせないように準備できます。

外でスマホのバッテリーが切れそうなときはモバイルバッテリーを持ち歩いていれば充電はできるかも知れませんが、予備バッテリーにさっと交換して使える便利さは最新の他モデルにはありません。

予備バッテリーとして純正品(キャリアショップで販売されているもの)を利用する場合は良いですが、他社メーカーが作るバルク品の場合はモノによっては品質が低いものもあること、万一の故障時に本体に関する保障が効かなくなる可能性があることだけは注意してください。


この他にも専用背面パネルに取り替えて使う、純正バッテリーよりも容量の大きなバッテリーもああります。せっかくバッテリー交換可能なGALAXY S5を使うなら、予備バッテリーを一つ持っておくとハードユーザーはバッテリー切れを気にせず楽しめるはずです。

販売ページGalaxy S5 (docomo SC-04F / au SCL23) 共通 バッテリー+充電器セット 3.8V 3000mAh GalaxyS5 USB出力付き
参考になりましたら、ぽちっとランキング応援をお願いいたいます。


拍手[3回]

PR

docomo GALAXY S5 SC-04Fに不具合修正アップデート配信

2014年05月30日
5月29日、ドコモ向けGALAXY S5 SC-04Fに対してソフトウェアのアップデートが配信されています。

発売から2週間で1回目の更新となりました。

今回の更新では、特定のアプリが画面のオン・オフ後に正常に起動しないことがある不具合を修正したとのアナウンスがされています。

アップデートに掛かる時間ははXi接続で約5分ほどとされています。

公式サポートには「一部のアプリ」とされていますが、ネット上で探した限りではどのアプリが対象であったのか判りませんでした。特にこれまでエラーが起きたという報告が多数出ているわけでもないようです。


au向けのSCL23には5月21日時点でキャリアアグリゲーション・WiMAX 2+の対応、卓上ホルダー接続時のアラーム不具合などに対する修正ソフトウェアが配信済みです。


Ref.

docomo GALAXY S5 SC-04Fの製品アップデート情報
au GALAXY S5 SCL23 アップデート情報
参考になりましたら、ぽちっとランキング応援をお願いいたいます。


拍手[0回]

GALAXYS5日本発売 auとdocomoでは価格に違いも

2014年05月16日
5月15日、docomoとauからそれぞれSC-04F, SCL23としてSamsungの高性能スマートフォンシリーズ最新作 GALAXY S5がリリースされました。

カラーバリエーションとしてdocomoにはスイートピンク、auにはシャンパンピンクが用意されていますが、機種としての性能はほぼ同じとなっています。

キャリア特有のアプリケーション、ドコモのVoLTE対応、auのキャリアアグリゲーション・WiMAX2+対応などの違いはありますが、大きな違いとして販売価格に1万円以上の差が出ています。

発売日時点のそれぞれのオンラインショップの価格は以下の様に設定されました。実質負担額は月々の割引サービスを最大にした場合で示しています。


端末の実質負担額比較/定価
ドコモ
SC-04F
au
SCL23
一括価格89,856円73,440円
新規契約10,800円10,800円
機種変更34,776円21,600円
MNP10,800円0円

一括の購入価格はドコモ版が15000円ほど高く、新規契約の場合の実質負担額は同額となりました。新規・MNPの場合はauの方が1万円ほど安く利用できます。

キャリアのサービスを考慮しない場合、それぞれのユーザーは他キャリアに移動してGALAXY S5を手に入れたほうが安く利用できます。新規の場合はどちらでも同じです。ソフトバンクなどから移動するのであればauの方が有利です。

使用するネットワークに対する調整などでバッテリーの実連続使用可能時間が異なる場合もあり、両機種が全てのユーザーにとって全く同じ条件で使えるわけではありませんが、実質の負担額を考えるならばauの方が一歩リードしていると言えます。




参考になりましたら、ぽちっとランキング応援をお願いいたいます。


拍手[0回]

 | HOME | 次のページ »