幸せな暮らしをご提案 GALAXYS4 ベンチマーク最適化でスコア吊上げ サムスン公式釈明も GALAXYSIV レビュー・評価サイト 忍者ブログ

[PR]

2018年06月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GALAXYS4 ベンチマーク最適化でスコア吊上げ サムスン公式釈明も

2013年08月02日
先日より、Samsung製スマホ「GALAXYS4」について、CPUなどの処理性能を測定する「ベンチマーク」測定時にスコアが向上するような特別な設定が行われているとして話題になっています。

ベンチマークアプリを使うことで、色んなモデルのスマートフォンの画像描写やCPU処理速度などを数値化して比較することが出来るため、新機種が登場すると多くの人が測定します。

当サイトでも、各種ベンチスコアを調べたことがあります。⇒GALAXYS4のベンチスコア結果はこちら

ですが、これらの有名なベンチマークに対して、GALAXYS4で測定を行うと、普段の操作で動作している能力の制限を外し、最高の532MHzのクロックで測定するように調整がされているのだそうです。

くわしくはヤフーのニュース記事に解説されていましたので、そちらを参照してください。

結論だけ述べれば、「実際に特定のベンチマークなどに対して【最適化】という形でクロックアップを行っているが、不正ではない」というのがサムスンの言い分です。


多くのユーザーがベンチマークアプリのスコアを参考にする現状で、サムスンがこういった特定処理をして数値を稼いでいたのは残念な仕様としか言いようがありません。

ですが、所詮ベンチマークも参考にしかなりません。実際の体験速度が十分に速く、処理にもたつきがないことは触ってみれば判ることです。

これからは「ベンチマークのスコアが高いからといって、本当にその機種が一番性能が高い」というような安易な比較は危険、ということを理解しておく必要がありそうです。



参考になりましたら、ぽちっとランキング応援をお願いいたいます。


拍手[0回]

PR